So-net無料ブログ作成
■■■■■ 秋も深まりつつ・・・食欲・芸術・運動、どの秋?  ■■■■■
空が高く抜けるような青ですね、秋を堪能していますか?
冬に向かって、日も短くなってきました。
2017/10/09 by.tamako
プロフィール ブログトップ
前の10件 | -

2017年もよろしくお願いいたします [プロフィール]

2017年、明けましておめでとうございます。

H29とり2.png

昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は、いろんな意味でスマートな1年にしたいです。
ブログの更新も頑張ります~。

nice!(0)  コメント(2) 

11周年、ありがとう。 [プロフィール]

2016年9月23日を迎えて・・・事故から11年。

今年は雨模様降ったりやんだりの1日でした。
自分の11年前を思い浮かべながら過ごしました。

もし、あの日雨だったらツーリングには行かなかっただろうなぁと。
それでも全然後悔なんてしていません。
今自分が生きているこの世界に、生きがいを感じているからかもしれません。

事故から、身体を赤ちゃんからやり直して11年。
歩けなくなって、歩けますようにと必死に何でもやってきたけれど、なかなか歩けるように戻りません。
そのくらい大ダメージだったので、医者は二度と立てない歩けない、夢を見るなというのも当然です。
それでも、まだ絶望はしていません。

今は11年前とは違う。
iPS細胞もメジャーになってきてて、再生医療も進んできています。
未来に希望を持つことは、悪いことじゃない。
自分の信念を貫くことに、誰からの制約も苦言も受け入れる必要はない。

身体が不自由なんだから、想いは自由でいいじゃないか。

11年続けてきているトレーニング。
もしかしたら、私が唯一続けてきていることかもしれない。
そして、諦めるまでリハビリが続くことも覚悟している。

11年前から、がらりと人生が変わった。
いろんな人と出会いたくさんの経験をしてきた、いいことも悪いことも。
強くならないと生きていけないことも。

そして、私の知らないところでも、たくさんの人の応援や支え、励ましがあったこと。
とても感謝しています。

少しでも自分が誰かの何かの役に立てれば幸せです。

そして、いつかこんな自分を分かってくれる人と出逢えますように。
本当は強くなんかないよねって、分かってくれる人があらわれますように・・・。









まだまだ絶望することはないので、あのときの約束を果たす日はこないでしょうね。
それでも心の支えのひとつになっています。

nice!(0)  コメント(2) 

お掃除ロボット?! [プロフィール]

年度末に教室を掃除しました。

机がなくなった広い教室をひとりでモップがけ。
すいーっ、すいーっと行ったり来たり。

何かに似てる?

soujirobo.jpg

何かに似てる?!

あ、お掃除ロボットみたい!

一人でぐるぐる行ったり来たりしながら掃除しました。w
nice!(0)  コメント(0) 

退院しました [プロフィール]

こんばんは!tamakoです。

本日、無事に退院しました。
といっても、褥瘡治療目的の入院だったので、完治したわけではありません。
まだ1センチ強のポケット(穴)があり、穴が開いています。

思っていたよりかはよくはならなかったのですが・・・
入院時よりもポケット(穴)が浅くなりました。
どうやら私は骨あたりまで褥瘡で皮膚が壊死していたようです。

とにかく、自宅で年末年始が過ごせるようになってよかったです。

来年から仕事再開です。
体力が落ちてしまい、今では車椅子に座っているだけでツライです。(T-T)

それまで自宅療養で少しでも褥瘡をよくしたいと思います。


追記
DAX50さんへ
コメント読みました!よければコメント掲載してもよろしいですか?
私も治療や薬の情報がほしいので・・・。

nice!(0)  コメント(2) 

10周年 [プロフィール]

2015年9月23日で、事故から10年が経ちました。
毎年9月23日は家で一日おとなしく過ごしているのですが、毎年この日はとても天気が良く秋晴れです。

10年経って思うことは、あっという間だったということ。
入院して車椅子を製作する時、あんなに車椅子のことを考えるのが嫌でした。
ギリギリまで車椅子のパンフレットなど見ませんでした。
一生車椅子を使用して生きていくということを、認めてしまうようで嫌でした・・・。

今では、車椅子も2代目になりました。
いろいろとこだわって製作した車椅子は乗りやすく、お気に入りです。
「tamako先生!車イス変わった?!」と一番に気づく子どもたち。
「カッコイイでしょ!?」って子どもたちに新しい車椅子をお披露目しました。

車椅子にこだわるけど、決して車椅子の卒業を諦めたわけではありません。
医学の進歩はめざましく、期待される再生医療。将来どうなるか分からないという現代。
でも、すぐに簡単に歩けるようになる、とも今は思いません。

トレーニングを続けていくことで、自分の中で焦りが消えます。
機能維持、残存機能の向上、仕事で悪影響が出ている身体のリセット。
同じ障害を持った人たちとの交流、情報交換。
そして、回復を信じて一緒に戦ってくれているトレーナー。

いつか歩けるように・・・という希望を持ち続けられること。
何もしないで機能低下する恐れが焦りがない幸せ。

そして・・・復職することで、自分が生きていていいんだと思えること。
こんな自分でも誰かの役に立てるという生きる喜び。
今まで出会うことのなかった人たちとの出会い、支え。

ブログからもたくさんの励ましパワーをいただいております。
このブログを見てくださっている皆様にも感謝しています!ありがとうございます。


いつか死ぬときの自分の顔が笑顔でいられるように、最期に「ありがとう」と言える人生でいたい。
いろんな思いを胸に、今日も精一杯生きています。
nice!(0)  コメント(4) 

プレゼント [プロフィール]

誕生日にサプライズ!
休み時間に教室の黒板が変身☆

0907.jpg

子どもたち数名から、素敵なプレゼントをもらいました。
担任でもないのに、こんな風にお祝いしてくれて嬉しいです♪(^-^)


教えている子どもが、「これ作ったよ!」って見せてくれました。
azar.jpg
フェルトで作った私のアザラシキャラクターのマスコット。
可愛い!!
ちなみに、作ったのは男の子です~。

異動してまだ半年ですが、子どもたちは私を受け入れいてくれているようです。
元気が出る。

nice!(0)  コメント(0) 

職場が異動になりました。 [プロフィール]

ご無沙汰しております、tamakoです。

4月から新年度がスタートしました。
この度、新しい職場に異動となりました。
バリアフリーな環境なのですが、初めて出会う人たちとの仕事となります。

昨日までいた職場を、次の日から知らない人たちばかりの職場になる。
すっごいシュールな3月31日と4月1日だなぁと、つくづく思いました。

思っていた以上に緊張して、気を張っていて、毎日くたくたです。
慣れない職場で、新しい人間関係を1からまたつくっております。

新年度始まって半月ですが、まだまだ慣れずにくたくたな毎日。
前の職場には8年間いましたが、当たり前に迎えることができた新年度がとても懐かしく、
こんなにもストレスがあるものかと、驚いております。

いろいろありますが、
車椅子であるがための「洗礼」も受けまして、人知れず大泣きもしました。
いろいろ乗り越えてきたこのtamakoが、です!

なんであんなことを言われなければならないのか?!
悔しくて悔しくて、本当に悔しい・・・。いっぱい泣きました。
でも、そんなときに周りの人たちの支え、応援が私の心を踏ん張らせてくれました。

いつもありがとう!! (T-T)

こうしてまたひとつ、強くなったtamakoでありました。

障害者が職場に復帰したり、新しい職場に変わったりするとき、きっとみんなが「障害者の洗礼」を受けているでしょう。必ず同じつらいことに遭遇していると思います。

でも、負けないで!!
みんな同じだよ、みんな悔しい思いをしているから。

そんな心ないコトバなんて、「はいはい、まただよ。」って洗い流して。
貴方の事を知らないからこそ放てる言葉、そんなのずっと気にしていたら損だよ。

でも、泣いてもいいよ。だって悔しいもんね。そうしてまた笑顔を取り戻していこうね。

「強いよね。」だなんて言わないで。
だって、強くなきゃ、生きていけないんだもん。
「つらいときは話してね。」ってあたたかく見守ってほしい。
「大丈夫だよ。」って支えてほしい。

しばらく無理せず体第一に自分を労わっていきます!
nice!(0)  コメント(0) 

Googleが! [プロフィール]

Googleさん、ありがとう!(^-^)

hbg.jpg


夏休みに全然頑張らなかったので、今日は仕事DAYです~。
・・・ちょっとは頑張っておけばよかった・・・。w

肌寒くなったり暑くなったり、気候の変動が激しいので、皆様お体にご自愛ください。

nice!(0)  コメント(0) 

職員理解 [プロフィール]

新年度4月、職場のメンバーも入れ替わりました。
新しい校長先生が着任されたので、すぐに私自身の障害について話をしました。
自分自身の障害についての話や、配慮していただきたいことなど。

すると、「職員にも話をした方がいいですね、なるべく早く機会をつくりましょう」
と言われました。

しかし、現実あのバタバタした超超忙しい新年度4月に、わざわざ時間をさくことがどんなに難しいことでしょう。
7年前に一度機会をいただきましたが、それ以来一度もありませんでした。

すると・・・4月職員会議で案件が沢山ある中、私の話も案件に加えていただきました!!
あまりの早い設定で、ビックリ!!

そこで、JWスタッフにお願いして、トレーニングの様子のデータをいただき、
脊髄損傷の障害の話や配慮事項、そしてどんなトレーニングをしているかを話させていただきました。

20分間、みなさん真剣に話を聞いてくださいました。
あまり障害の話をすると、なんだか「かわいそうな人」とか「同情」が先に立ってしまうので、その辺が難しいですね。淡々と話をしました。

JWのトレーニングの話では、みなさんの想像を越えたメニューにビックリしていました!
IMG_0646.jpg

話をした後、たくさんの方に声をかけていただき、
「トレーニングすごいキツイんだね!」
「手伝うから何でも言ってね!」
「頑張ってね!」
たくさんの応援の声をかけていただきました。
このような機会をいただき、大変感謝しています。

子どもたちには毎年4年生に話をするのですが、先生方も知っていただき、
心のバリアフリーを広げていくことは私にしかできない大切な学びのひとつなのかな?と思いました。

「tamakoさん頑張っているね!」
ってよく言われますが、頑張れるのは周りの人たちが応援して支えてくださっているからです。
リアルだけでなく、このブログでも閲覧してくださっている方々からパワーをいただいています!
いつもありがとうございます!

nice!(0)  コメント(0) 

2005・9・23→2013・923 [プロフィール]

今日は私にとって、誕生日よりも大切な日です。
8年前のこの日、この時・・・私は伊豆スカイラインで転倒、ドクターヘリで運ばれました。

この日は命日になるかもしれなかった日なのでw、毎年おとなしくしています。
・・・が、やっぱり毎年この日は出かけるのに最高な気候!どこかに行きたくてウズウズしています。

風が秋に変わりましたね。
通勤の車では、たいてい窓全開で風を受けて走っています。あの頃バイクで全身で風を受けて走っていたように・・・。ツーリング最適な秋、この季節が大好きです。

先日、ついに携帯をiphoneに変えました!
docomoは今月いっぱいSPメールが使えないので、gmailで連絡を取っています。
それには以前使っていたhotmailを転送していて、昨晩少し整理していました。

すると、ブログをみてメールくださった方々や、JWで知り合った方々との初メッセージが!
今は当たり前に話をしたり連絡を取っている方とも、8年前までは知りえていなかった。
まして、車いすになっていなければご縁もなかった方ばかり。

この8年間を振り返ってみると、いろんなことがありました。
楽しいことも、つらいことも、苦しいことも、嬉しいことも・・・でも自分自身できるかぎりの努力は精一杯してきたと思います。特に、神奈川リハに入院していた頃は、自由に動きたくて、車いすに自分で乗り降りしたくて、必死にリハビリしました。

リハビリの時間が終わったあと、毎回1時間自主トレは当たり前。
夜ごはんの後は、テレビを見ながら動かない足をマッサージ、イメトレをしました。
就寝時間(確か9時だった)の後も、真っ暗な中、500gのウェイトを上げ下げしたり・・・。

今思うと、人生でこれ以上ないほど努力をしたと、自分でも褒めたいくらいです。
(・・・今全然できていないので余計そう思います。汗)

車イスになるまで、身体を動かすことは嫌いではありませんでしたが、筋肉トレとか大嫌いで、
学生時代の部活もほとんどやっていなかった私だったのに、今じゃ、健常者の人以上にトレーニングして、体を週2回2時間びっちり運動しています。

もしかして、人は人生で必ず1度は、必死に何かに取り組んで努力する時があるのかもしれません。

努力した!なんて書きましたが、すべて順調ではありませんでした。
脊髄損傷になって、体の不自由さに何回泣いたかわかりません。何回死にたい!って思ったか分かりません。
リハビリだって、すべて順調ではなく、何か月もプッシュアップを練習しても、お尻は浮きませんでした。
くじけては、立ち上がり、それでも凹んでは気持ちを切り替え・・・その度少しずつ強くなっていきました。

一度だけ、大泣きしながら電話をかけたこともありました。
そんなとき、優しく受け止めてくれる人がいたからこそ、私はここまでくることができました。
入院中自分がこんなに頑張ってこれたのは、自分だけの力じゃないです。周りのサポートがあったからこそです。

リハビリできる病院を探して、直接申し込みに行って入院許可をとってくれた家族。
自分では起き上がることもできなかった時に、お見舞いに来てくれたり手紙をくれた大切な仲間たち。
「1日でも早く元気になって!」と千羽鶴やお手紙、応援メッセージ、スマイルアゲインの歌をテープに入れて励ましてくれた教え子たち。
1日でも早く動けるように、とリハビリをしてくださった先生たち。
少しでも自由を広げられるように、モチベーションを高めてくれた、傍で支えてくれた大切な人。

そして、つらさも苦しみも共有して、それでもがんばっていこうねって、励まし合った仲間。
力をあわせて、病院の外に出て楽しさを共有した仲間。一人じゃ不安でも、仲間となら外出できた。

復職して不安だった時に、優しく声をかけてくれた友だち。私のことを助けてくださり、一緒に働いている仲間。
そして・・・このブログをみてくださっている方々。

本当に、本当に、ありがとう!
私にかかわってくださった全ての方に、感謝しています。
こうして今私が生きているのも、頑張れているのも、あなたがいて力をくれたから、って。


8年たって今思うことは、
車イスには慣れたけど、けれども不自由なことはいっぱいあって、それでもやぱり私の最終目標は
「事故の前のように、歩行して生活をしていきたい。」 ということです。

そのためには、身体を維持するためではなく、機能向上するためのトレーニングが必要です。
たくさんの人の理解と協力と、そしてたくさんの時間とお金を費やして、私はトレーニングを続けています。
それは、身体の維持を必要としているのではなく、「歩けるようになるため」に必要なんです。

昔、JWの渡辺さんに言われました。
「何がしたい?どうなりたい?」
「体の維持がしたいの?それとも歩けるようになりたいの?」

車イスだから無理でしょ?
車イスになったんだから、いつまで夢見ているの?
そう言われ続けていた私にとって、衝撃な言葉でした。

「歩けるようになりたい、もういちど立って歩いて教壇に立ちたい!」

そう言った私に、渡辺さんは言いました。

「自分は手助けはできるけど、やるのはtamakoさんだから。その気持ちに僕は賭けます。1分でも1秒でも早く良くなるように、自分の体の変化に敏感になってトレーニングを頑張りましょう!」

あの日から、私の中に小さな炎が宿りました。
8年たっても、その炎は私の中にあります。
時々くすぶってしまうときもありますが、炎が消えることは一度もありません。

それでも、自分が思うように、そう簡単には歩行にはいきません。
それほど歩行ということは難しい動きでもあります。
時間はかかるかもしれないけど、それでも私は一歩でも前に進みたい。

何もしないよりは、何かした方が、しないよりも必ず何かが変わる!そう思っています。


脊髄損傷になりたての方、大切な人が脊髄損傷になってしまった方へ。

希望は捨てなくていいんですよ。
いくら「もう一生歩けない」って言われても、真に受けることないんですよ。
医師は「絶対に治る」という根拠がない限り、そうとしか言えないんです。
自分の心で「歩くんだ!」って思っていても、いいんです。諦めなくてもいいんです。

例え口にしなくても、心に炎を灯してそれを叶える努力さえしていれば、きっと誰かが手を差し伸べてくれます。
良い方向に道を指し示してくれます。

けれど、思っているだけではダメです。
何でもいい、良いと思うこと1つでも始めましょう、続けましょう。そこには「努力」が必要です。

今では、再生医療という道が明るく開けて来ています。
私が脊髄損傷になった8年前とは状況が変わってきています。
脊髄損傷のマウスなら慢性期も歩行改善されるという結果も出ています。
5年以内に臨床に入るとも宣言されています。希望はここにもあります。

文章がとっても長くなりましたが、8年間を振り返ってみました。
9年目も「感謝」を忘れずに、モチベーションをうまく保ちながらこれからも頑張っていきます!

これからもtamakoもブログも、よろしくお願いします!! (^-^)
nice!(0)  コメント(8) 
前の10件 | - プロフィール ブログトップ
相互リンクのみ受付けています。許可のない当ブログリンクは固くお断りします。
何かありましたらメールください。
So-netIDお持ちの方は↓コチラから
メッセージを送る
お持ちでない方は↓コチラ
tamako3gm@gmail.com
お返事は必ずします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。