So-net無料ブログ作成
■■■■■ 秋も深まりつつ・・・食欲・芸術・運動、どの秋?  ■■■■■
空が高く抜けるような青ですね、秋を堪能していますか?
冬に向かって、日も短くなってきました。
2017/10/09 by.tamako
レビュー ブログトップ
前の10件 | -

君の名は。 [レビュー]

久しぶりに映画を一人で観に行きました。

「君の名は。」

アニメ映画なのですが、新海誠監督、今注目の監督です。
とにかく映像にこだわりがあって、自然がとてもきれい。

今回は、光の当たり方に意味を込めたということで、実際にはありえない光の当たり方も。
でもそれが、アニメですよね。

内容もすごく良かった。
映像もきれい。
音楽も、さすがRADで、もう反則ですよ~。

泣かないわけがない。

既に観に行ったという子どもに、映画に行く前に「どうだった?」と聞いたら、
一言 「切ない」 って返事だけ。

まさにその通りだと思った。

大人も感動する、日常にありそうでない、これこそアニメの醍醐味。
泣きました~。

そして、噛み酒?
あぁ大学でやったなぁと思い出した。たしか、上代文学の古事記か日本書紀。
将来役に立ちそうもないと思った勉強が、こんなところで役に立つとは。

素敵な映画でした。

nice!(0)  コメント(0) 

ドライブレコーダー使用感 [レビュー]

先日、ドライブレコーダーを設置したと書きましたが、
約2か月使用した感想を書きます。

メモリは最大32Gまで可能なので、購入時に入ってる4Gを32GのSDメモリカードに交換。
32Gで動画のみ撮影モードで、5分撮影ファイルが約190ファイル作成されました。
それ以降は、古い物から上書きされます。

エンジン入れて勝手に録画開始なので、とても楽ちんです。
しばらくすると、画面が時計表示に変わるので、特に運転していても気になりません。
(画面が非表示になる設定もあります)
録画中は、ランプが赤色表示なので、作動しているかどうかがすぐ分かります。

さて、注目すべきは、録画動画の画像ですよね。
MediaPlayerで再生可能でした。
動画をキャプチャーして40%に縮小した画像を載せます。

晴れの日
dr4.jpg

雨の昼間
dr2.jpg
dr1.jpg

夜(22時)
dr3.jpg

トンネル
dr5.jpg
いかがですか?結構鮮明に撮れていると思います。

先日DRについてDAX 50さんからブログコメントをいただきました。
参考までに、下に記載いたします。
========================
車の車検時に、デーラーの担当者に先生と同じドライブレコーダーを付けてね。と、言ったのに、先生のDRに比べ玩具みたいな物を付けて来ました。

 取り付けは、カーショプのYハットで付けたとの事。
 
 先生のは、写真で見るとモニターが付いていて、確認しやすそうですが、私のは、PCにSDカードを入れないと確認できません。しかも、今どき、30万画素ですよ。先生のは500万画素。夜や、ナンバープレイトの番号も確認出来ると思うのですが、私のは、PCの画面もデジカメのモニターぐらいの大きさで、ズームアップ出来ず、車種や色ぐらいしか分かりません。

 これから、DRを付けようとお考えの方、私は、すべて込みで2万円でした。たぶん、先生の付けたDRもそれぐらいの金額だと思います。
 間違いなく、私の付けた物より先生の付けた物をお勧めします。
========================

商品HPでは、警察関係にも卸しているとありましたが、先日豊洲トレーニングの帰りにあったパトカーに、同じドライブレコーダーが設置されているのを見ました!

DRを考えている方、参考までに。

製品HP
http://www.driveman.jp/index.html

720CSA2【シガーソケット電源アダプタセット】常時録画型ドライブレコーダー Driveman720 4GBのSDHCカード付き


nice!(1)  コメント(6) 

NHK土曜ドラマ『チャレンジド』 [レビュー]

10月からNHKで始まった新ドラマをみて、すごく共感&感動しました。

土曜ドラマ 「チャレンジド」
http://www.nhk.or.jp/dodra/challenged/index.html


「チャレンジド」ってどういう意味なんだろう?って思ったのですが、皆さん知っていますか?


「チャレンジド(challenged)」は英語で障害者をさすそうです。
神からチャレンジという使命を与えられた人という意味だそうです。


ドラマ 『チャレンジド』
中学教師がある日突然全盲に・・・それでも教壇に戻りたいという強い意志の主人公は、
盲導犬とともに再び教壇に立ち、国語を指導することに。
しかし、そこには数々の困難が待ち受けているのです。

盲目の高校教諭・・・以前NHKでも取材されていました。
ドラマでも紹介されていましたが、現在、たくさんいらっしゃるそうです。
オリジナルドラマですが、とてもリアルだと思います。
障害者に関することが世の中の人に周知できれば、それだけで素晴らしいことだと思います!

障害といっても、さまざまです。
私は両下肢麻痺車イスユーザー。全盲の障害とは全然違います。
しかし、すっごく共感します。感動します。


やっぱり、どんな人であれ、どんなことであれ、
頑張っている人は輝いているのです!!

最後に流れるケミストリーの歌声が・・・さらに泣かせるんです!!
ぜひ、興味をもった人は、
NHK総合 土曜日 21時~ (BShi 18時~) ご覧ください。

nice!(1)  コメント(8) 

『Flower』 [レビュー]

最近、マンガのレビューを違う場所で書くようにしました。
左サイドバーにある本棚の画像が、それです。(PC閲覧時のみ)

今回は、ちょっとブログでも取り上げてみます。


Flower (3) (マーガレットコミックス (3422))



拍子に車イスに座った女の子が描かれている・・・なんとなく購入しました。
主人公は読者モデルもこなす中学生の女の子。
自転車の転倒で、脊髄損傷(腰椎損傷)になり車イス生活を宣告されました。

マンガに描かれていた主人公の気持ちとかに共感します。
基本的に少女マンガで恋愛ものですが、不幸自慢にならない脊髄損傷の前向きな話。
うなずきながら、楽しく読んでいます。

nice!(0)  コメント(0) 

『ヘルプマン!』 [レビュー]

「そーそー!わかるわかる!!」
私の共感がいっぱい詰まっているマンガ、『ヘルプマン!』です。

介護士の主人公を通して、介護の現実が描かれています。
とても現実すぎで、普通の人は一瞬ひくかもしれません。

へっ!人生甘いよ。
私はひくどころか、「分かるわかる!」と共感しっぱなしでした。涙も出る話。
だって、事故後に現実にたたきつけられて苦悩したことだから。
そして、今でも続いている苦悩葛藤もあります。

マンガに出てくる老女のセリフで、心に残るものがあります。
「だれだって、老いは初体験だよ。不安で恐ろしいよ。」
というようなセリフでした。

同じだ!と思いました。
脊髄損傷受傷すぐは、自分が将来どうなるか不安で怖くて未来を考えることができませんでした。

動かない体、どうすればいいのかさっぱり分かりませんでした。
一生このままだと宣告されても、どうやって生きていけばいいのかわかりませんでした。
・・・あのときの心は、言葉にあらわすことはできません。

起き上がることも寝返ることも着替えることもできない体。他の人に介助してもらわないと、生きていけない現実。人としての尊厳って何?と何度も考えました。

でも、脊髄損傷という障害を負っている人は、それを乗り越えて生きています。
生きるということ、自由ということ、誰よりも考えて生きていると思います。

ツライことはあるけれど。
でも、損傷前とはまったくちがう思考を持っていると思います。
大切なものを、たくさん実感(痛感)したと思います。
それが、財産です。
人に感謝することは、体が動かなくてもできます。
いろんな人・もの・自分に感謝して、えっへんと胸を張りましょう。


話はそれましたが・・・少しでも介護に興味を持った方は、『ヘルプマン!』を手にとってみてください。誰でも必ず老いるのですから、他人ごとではありませんよ。

nice!(1)  コメント(4) 

アニメ化で完結! [レビュー]

マンガの文庫本って、とても便利ですよね。
1冊に2~3冊の分量が収録されているし、サイズも小さいし。
なにより、読みたくなった昔の名作が簡単に手に入るんですもの!

というわけで、昔むか~しにハマった少女漫画。
『イタズラなKISS』 多田かおる

中学生くらいから購読していた「別冊マーガレット」に連載されていました。
佐藤藍子&柏原崇でドラマ化になったり、台湾でもドラマ化され、舞台化もされているほど、
少女マンガ王道のラブストーリーなのです。

勉強も運動もダメダメな相原琴子は、頭脳運動すべて抜群の天才入江直樹にひとめぼれ。
ふられても一途に思いつづける琴子のパワーに、彼はいつのまにか彼女が気になる存在に・・・。
そんな、片思いファイターの女の子の話です。

気づいたら大人になって、「別マ」を読まなくなったある日。
「多田かおる 急逝。イタKISS連載中止!」
そんなニュースが飛び込んできました。

確か私の記憶では・・・
作者は家で転倒、頭のうちどころが悪く、死亡。
そのような、本当に突然の不幸な出来事だったことを記憶しています。

もちろん、文庫本でも 「作者急逝のためここで連載中止。」で未完ですが・・・
なんと!去年アニメ化されて、無事☆HAPPY END☆しました!!
最近、CSで「イタズラなKISS」が放送されていて・・・よくよく調べたら、
作者の構想メモがのこっていて、そこに物語のラストがかかれていたため、アニメスタッフがそれに
したがってENDINGを作成!連載中止から9年、無事にENDをむかえたそうです。

アニメ「イタズラなKISS」

声優さんも、水樹奈々&平川大輔。活躍されている二人が主人公を担当。
私の中では、声優さんが配役にピッタリ♪

「琴子カワイイ!」
「入江くん、カッコイイ!!」

最近少女マンガを読んでいなかったので、久しぶりにハマってしまいました。
不朽の名作、いつ読んでもクオリティが同じなのがスゴイ!

愛されちゃって、ザマーミロ!
すごいキャッチコピー。でも、ピッタリ!!

-------------------------
『イタズラなKISS』公式HP
http://itakiss-anime.jp/index.htm

nice!(0)  コメント(0) 

そういうわけで。 [レビュー]

ハガレンの話も出たということで、今回はそのマンガのお話。

『鋼の錬金術師』

ストーリは、エリック兄弟が賢者の石を探して旅をする物語。
といっても、冒険アドベンチャーの話というよりは、もっと内面に訴えてくるものが大きい話です。
人の命とか、生きるということとか・・・。
この漫画が少年ガンガンでの連載ということが、私にとってはまたビックリです。
子どもが錬金術とかその他心理的なものを理解できるのだろうか・・・!?

まだ連載中です。
私もまだ全部を読んではいません。
この「鋼の錬金術師」の主人公が右腕左足が自分の意思で動く義足義手(オートメーション)だから、山海教授は話に出したんだと思います。

今期からまた日曜夕方TVで始まった『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』

物語のはじめから再スタートでした。
しかし、レビューをみてみると、前作のものよりも原作にそっていて面白いらしいです。

前作『鋼の錬金術師』

私はCSで前作を見ました。
今月から2作目も放映されるので、違いを見つけるのが楽しみです♪

映画『鋼の錬金術師シャンバラを征く者』

映画版も、なかなかおもしろかったです。

興味のある人は、日曜17時からTVでぜひ!

nice!(0)  コメント(0) 

『イキガミ』 [レビュー]

久しぶりに夢中になって読んだのが、この『イキガミ』。

イキガミ ★★★★★


国家繁栄維持法に基づいて人の命が支配されている世の中。
自分の命があとわずかだと告げられたとき、人間本来の姿が現れるのかもしれません。
いつのまにか感情移入して、心がぐっときます。

マンガだから描ける話、でもその世界に気付いたら立っているでしょう。
人間関係に疲れた時読むと、なんとなくスッキリ・・・するかもしれません。


この『イキガミ』は、すでに映画化されていてDVDにもなっています。

nice!(0)  コメント(2) 

シンデレラストーリー!? [レビュー]

レンタルDVD・コミックが面白いのでレビューを書きたいのですが・・・
面白さは伝えたいけれど、内容は観てのお楽しみにしたい。
そんなレビューを書きたいのですが、なかなか難しいものですね。
なので、ほぼ作品紹介になると思いますが、興味があったらぜひ手にとってみてください。

最近この映画をみました。
  
このふたつの映画は、同じような内容で対極にある作品だと思います。

『プラダを着た悪魔』 ★★★☆☆普通
彼女のシンデレラストーリーに目を輝かせ、身にまとう服に目を奪われ、「女に生まれてよかった!」って思うような映画です。女性に好まれる作品だと思います。テンポよくさらりと、時にはジーンとしたり考えさせられたり・・・誰もが憧れる仕事に就いた彼女が最後に選択するものは・・・?

『幸せのちから』   ★★★★☆感動
ウィル・スミスが実の息子との共演作品。そして、実話にもとづく主人公の半生を描いた話です。事業もうまくいかず、日々とりたてをうまくかわしながら生きる彼は一世一代の奮起をする。家を追い出されどん底生活を経てつかみ取ったものは・・・?


DVDを借りてみるのもいいですが、なんだか映画館に行きたくなりました。

nice!(0)  コメント(0) 

『ナチョ・リブレ 覆面の神様』 [レビュー]

『ナチョ・リブレ 覆面の神様』 ★★★☆☆


公開したときに、CMやメイキングを見て、すごく見たかった映画です。
実は・・・実際にメキシコであった話です。

内容はというと・・・
修道院のプロレス好きな調理係のイグニシアスが、覆面レスラーとして人気を得て、修道院の子どもたちの食事代をかせぎます。でも、お腹の出ている覆面レスラーが、プロレスで簡単に勝てるはずもなく・・・コミカルでハッピーエンドの映画です。

なんせ、ジャック・ブラックの演技が面白い!
キャラが濃いぃ~。
しかし、内容は「てきとーーー」な感じ、娯楽映画です。
テンポがいいので、あっという間に終わってしまったというかんじ。

期待しすぎたせいか、私にとっては、ちょっと物足りなさを感じました。星3つ。

nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | - レビュー ブログトップ
相互リンクのみ受付けています。許可のない当ブログリンクは固くお断りします。
何かありましたらメールください。
So-netIDお持ちの方は↓コチラから
メッセージを送る
お持ちでない方は↓コチラ
tamako3gm@gmail.com
お返事は必ずします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。